So-net無料ブログ作成
検索選択

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 
前の10件 | -

日経225ミニの株取引リスク [日経225ミニ]

日経225ミニの株取引リスク

少ない元手で株取引が可能なことが日経225ミニの魅力としてあげられるのではないでしょうか。

日経225ミニによって可能なのが、資金効率のいい投資の運用だといえるでしょう。

株取引をするときに、50万、60万円の資金を元手に200万、

300万のものを扱うことがレバレッジ効果です。

投入した資産の何倍の取引を行うかでおおよそのレバレッジの倍数が決まります。

資金の効率がいいレバレッジによる株取引方法ですが、



ハイリスク・ハイリターンになりがちであるという危険性もあるのです。

日経225ミニはレバレッジ効果を利用している分だけ、

自分の思惑と逆方向に相場が動いた分の含み損のふくらみ方も急激になるというリスクがあります。

日経225ミニでは買ってからも価格が下落を続け、

そこで買い足したところ更に下落という状況に陥るという危険性もあります。

また損が膨らみすぎて決済する勇気が持てなくなることもあるでしょう。

日経225ミニでは、必要証拠金を補うための不足分を

新たに資金投入しなければならないことがあります。

それは損した額が証拠金の額を越えてしまった場合です。

追加証拠金というのがこれにあたります。

きちんと資産管理や損切りができていなかった時にこのようなことは起りますので、

自分の戦略をもう一度見直すべきなのではないでしょうか。

ギリギリの範囲で預けた証拠金によって日経225ミニを続けることはハイリスクが伴います。

追加証拠金を求められることのないよう、余裕のある取引を日経225ミニの取引では行いましょう。

思い切って株取引を休むことも大事なリスク管理です。

危険だと判断した場合は損切りをしてしばらく様子を見るようにしましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ネット株取引の注意点 [青山繁晴]

ネット株の取引の注意点


ネット株取引はインターネット上で実行されるものです。


ですが便利な反面不便なところもあるのが事実です。

人の言葉にまどわされずに株取引ができますが、

相談相手がいない中で株の売買を決断をしなければならないという側面もあります。

ネット上に氾濫する株取引情報に踊らされないよう十分な注意が、

ネット株取引をする上では必要です。

株式市場は株取引の大事な時にネットに繋がらなくても、待っていてはくれません。

ネット株は取引操作も全て自己責任なのです。

株取引システムのダウンや、パソコンのエラーで思わぬ時に使えなくなるこもあるということです。

万が一株売買の注文を間違えてしまっても、ネット株の取引では訂正や取り消しは困難です。

すぐに処理がされてしまうからです。

桁を間違えるなどありえない間違い内容でも、

その株取引が可能であるならば不自然な取引注文でもコンピューターは処理してしまうのです。

いつも株価の動きを見守ることができるのが、インターネットの良いところです。

ネットはとても便利であることは違いありません。

しかし常に株価が気になって他のことが手につかなくなったりして、

自分のペースがつかまないまま取り引きを続けるのは危険です。

衝動的にネット株の取引をしてしまったりと

長期的にマイナスになりかねないことをしてしまいがちだからです。

冷静さや我慢することも、ネット株は手軽に取引ができるとはいえ重要なことです。

株取引の相場の格言に「売り買いは3日待て」というのがあります。

株取引を一時的な心情や勢いでしないことが大切です。

じっくりと相場を眺めることができるのもネット株取引の利点なのです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経225ミニでの株取引と先物取引の魅力と方法? [日経225ミニ]

日経225ミニで株取引をする

日経平均株価の先物取引(日経225)を、1/10のミニサイズで行う商品を日経225ミニといいます。

2006年7月から始まった取引で、個別の銘柄を選ぶ必要がないというシンプルな商品になっており、

少ない資金で取引をすることができる特徴があります。

ミニという言葉からもわかるように、

先行して取り引きされていた日経225のミニ版として登場した先物取引です。

日経225ミニは、日経平均株価指数を取引対象にした商品で、

株価指数先物取引というカテゴリーに入ります。

毎日のニュースや新聞で目にする日経平均株価という指数を取引対象にしていて、

これは特定の企業の株価ではなく日本の株式市場全体の流れや動きを表す指標となっています。

東京証券取引所が日本の主要225銘柄を平均して出す日経平均株価と、

東証が出している東証株価指数が有名な平均株価です。

日経平均株価の100倍を1枚とし、

それを最小単位として取引を行うのが日経225ミニ取引です。

日経225ミニの取引では、例えば日経平均株価が14,000円であったなら、

最小取引単位の価格は140万円になるのです。

日経平均が10円上がるように相場が動いた場合、

千円の利益がでます。安値で買って高値で売るか、

高値で売ったものを安値で買うかすることで利益を得る仕組みになっています。

日経225ミニを購入する時の購入資金ですが、

実際に額面通りの金額が必要かというとそうではありません。

レバレッジを用いた証拠金取引となるので、5

0万円程度の購入資金があれば日経225取引を始めることができます。


日経225ミニの魅力


日経225ミニは魅力的な金融商品です。

証拠金取引を行うことから、日経225ミニは少ない資金で始めることができ、

個別に株の銘柄を選ぶ必要がありません。

日経平均が上がるか下がるかだけを考えて株取引ができます。

このため、日経225ミニを取引するに当たっては、個別の株を研究する必要はなく、

日経平均株価のチャートだけを見ていればよいことになります。

通常、株取引においては売りから取引を始めることはできないため、

株価が下落に向かっている時には、株を買わないという防御的な行動しか取れません。

売りから入ることができる信用取引も銘柄が限られていて、

売買手数料がかかるだけでなく貸株料が必要になります。

日経225ミニは売り買い自在ですから、大幅な値下げの時でも差益が狙えるのが魅力です。

日経225ミニで取引を行う場合、元手資金は少額から始めることもできますが、

資金を多めに入れればリスクを少なくして取引を行うこともできます。

日経平均の動きが予想と逆に動いたとしても、資金を多めに準備しておくことで、

手持ちの資金を失うようなことなく余裕を持った取引をすることができます。

各人の取れるリスクをコントロールできることが日経225ミニの魅力でもあります。

現物株は会社毎の売買の量はそう多くないので、

自分が求める値段でなかなか売買ができないことがあります。

一方で、取引されている量が多く、売り買いが常に行われている日経225ミニは、

希望通りの値段で取引を成立させることが比較的容易であるという魅力もあります。


日経225ミニで先物取引をする


日経225ミニは、先物取引という取引方法を用いた取引になります。

将来のあらかじめ決められた日に現時点で事前に決めた価格で、

現物(例えば商品や株式、通貨など)を売買するという約束事に基づいて行われるのが、

先物取引になります。

現在を3月とすると、2ヶ月後の5月に日経平均株価14,000円で買う約束を取り決め、

それに基づいた売買取引を現在時点で行うわけです。

日経225ミニで扱うのは、株式や通貨といったものではなく、

日経平均株価指数です。

日経225ミニで先物取引をする際は、日経平均株価という株としては実在しない数字を用います。

見方によっては、仮想の株取引とも言えます。

売買に使われる単位は、日経225では平均株価指数の1,000倍、

日経225ミニでは100倍となっています。

日経225ミニでの将来のあらかじめ決められている日は、

3月、6月、9月、12月の第2金曜日で、

この4つの月を限月と呼びます。

限月になってもポジションを持ちっぱなしにしておいた場合、

第2日曜日の前日にSQ(特別清算指数)という値で清算されることになります。

その時点で、損が出ていようが益が出ていようが強制的に決済されてしまうのです。

もちろん最終日までポジションを保有し続けている必要はなく、

その前に好きな時に決済取引をすることができます。

日経225ミニの先物取引は、このような約束事の中で行われています。


日経225ミニの株取引の方法

通常株の取引口座から日経225ミニの先物取引を行うことはできません。

証券会社を選択して、日経225ミニの取引のために専用の口座を開設することで、

先物取引を始めることができます。

口座維持手数料については、ほとんどの証券会社が無料にしています。

取引を検討している方でも、操作画面の確認をしたり、

口座を持っている人にどのようなサービスが提供されるのかを見るために、

とりあえず口座を開設してみるのもいいかもしれません。

口座の開設を行うには、まず日経225ミニ先物の取引を扱っている証券会社を選び、

資料請求を行って申込用紙などを送付してもらいます。

資料請求は、インターネットから簡単に申し込むことができます。

日経225ミニの申込用紙が証券会社から送られてきたなら、

まず総合取引口座を開設します。証券会社によって、

本人確認につかえる書類はそれぞれ異なっています。

郵送による受付の他、FAXでの提出を認めている会社もあります。

総合口座を開設したら、次に先物取引口座を開設します。

総合口座の開設と同じように申し込みをし、

一定の審査を通じて問題がなければ先物取引口座が開設される、

というのが、取引開始までの一般的な流れとなります。

先物取引口座の開設手続きには若干の手間や時間がかかりますが、

大事な資金を預ける拠点というべき口座になるわけなので、

慎重に手続きを進めましょう。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

外国為替を利用した外貨預金について [外国為替相場]

外国為替を利用した外貨預金について


外貨預金は、外国為替を使った資産運用方法の中でも、

さほど複雑ではない金融商品といえるでしょう。

外貨投資をはじめて行う人におすすめで、

長期間にわたってじっくり資産運用するスタイルです。

外貨預金とは、日本円で貯金をする代わりに外貨に換金して貯金するものといえます。

外貨預金には幾つかのタイプがありますが、

外貨ベースでの利息と元本が保証されているのが魅力といえます。

外国為替を利用して外貨預金をするには、

まずその時の為替比率で日本円を外貨に交換します。

一定の期間が経過すると預金は終了し、

利息がついた状態で日本円に再度換金されて手元に戻るという形が一般的です。

出し入れがいつでもできる外貨預金が普通外貨預金、

預け入れ期間が3ヶ月、6ヶ月と決まっているものが外貨定期預金です。

満期までは解約できないことが外貨定期預金では決められています。

外貨定期預金の中途解約は、会社によっては条件付きで認められているものもあります。

預け入れの時より円安になった時に引き出すことで、

差益を得ることがてきることも外貨預金のメリットです。

利息だけでなく、為替差益も得ることができます。

預け金110万円をドル建てで外貨預金に入れる場合、

預け入れ時1ドル110円ならば1万ドルを預けることになります。

1万ドルを日本円に換金する時、

1ドルが110円から120円になっていれば為替差益として10万円が増えるのです。


外国為替市場の通貨特長

外国為替の市場にはたくさんの通貨があり、それぞれ特長があります。

地球上には様々な通貨が存在しており、それぞれ使われています

知名度の高いポンド、ユーロ、ドルなどは取引量の多い通貨です。

知名度があまり高くないものとしてはタイバーツや南アフリカランドなどたくさんあります。

通貨の特質をよく理解しておくことにより、

外国為替証拠金取引FXなどの外貨を用いた投資をする時に有利に運用することができます。

米ドルはアメリカの通貨であるだけでなく、世界じゅうのマーケットで流通している基軸通貨です。

アメリカ国内だけでなく世界の貿易や投資の中心通貨として世界一の為替取引量を誇ります。

不安要素もあり、財政赤字や経常赤字という双子の赤字や、

サブプライム問題の影響も見受けられます。

そのため、かつてほど世界市場がドル中心に回っているわけではありません。

ユーロはEU欧州連合に加盟している25カ国のうちの約半分が使用している通貨で、

アメリカドルに次ぐ主要通貨としての位置を固めつつあります。

ユーロは現在注目を集めている通貨の一つであり、

ドルの次の受け皿として為替取引量は増加の一途を辿っています。

豪ドルやNZドルは、近年の好調な国家経済を背景に頭角を現しつつある通貨です。

FXなどの投資でも盛んに運用されています。

オーストラリアやニュージーランドは資源国であり、

順調に経済の成長が進んでいます。

金利も高く、外貨投資に非常に適した通貨です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXデイトレードのリスク管理とコツ と特徴 [FX]

FXデイトレードのリスク管理


その日のうちに何度もFXの売買をするデイトレードという手法があります。

デイトレードは日々計算をすることから、日計ともいいます。

FXデイトレーダーとは、毎日のデイトレードで収益を上げて生業としている人です。

大きな相場の動きに左右されない点がデイトレードの強みです。

短期的な相場の動きだけに注視しての取引が可能です。

ただし、デイトレードの一度の売買は常に少ない額しか抑えられません。

数日かけて大きな変動があってもデイトレードではその流れには乗れません。

FXはうまく運用することでリスクを減らしたり回避することとができますが、

間違うと大きな損が出ます。業者に預けた証拠金により、

預けた額より数倍の規模の取引ができるFXのシステムをレバレッジといいます。

元手に限りがあっても、一時的にレバレッジを上げて大きな差益を狙うことがFXでは可能です。

少ない証拠金で数倍の取引ができるのです。

ただし、一発で元手が吹っ飛ぶリスクとも隣り合わせです。

デイトレードの場合、レバレッジ100倍やそれ以上でのハイリスクな取引が行われますが、

長い間保有するつもりならば5倍程度のレバレッジにしておくべきでしょう。

『相場の動きが読めた』と思う瞬間ならば、

レバレッジを上げることも有効な手段です。

デイトレードにFXが適している点は、

常にリスクを調整しながら様々な取引ができるからといえるでしょう。


FXデイトレードのコツ


FXデイトレードにはコツがあり、レバレッジ次第で大きな儲けを狙えます。

大きな儲けを出した人が出現するなどして話題のデイトレードですが、

実は全体の70%は負け組で、大きな利益を得ている人は10%そこそこです。

一度の大きな失敗によって、

それまでコツコツと積み重ねてきた小さな差益が

一度になくなるような展開がFXのデイトレードではままあります。

相場は円高方向には急激に落ち、円安方向には小刻みに上がっていきます。

大損をしないためには、この急激に変わる時に引きずられないようにすることなのです。

差益を出せる自分なりの一番やりやすい手法を見つけだすことが、

デイトレードでは重要です。

とはいえ、一つの方法だけにこだわっては逆効果です。

取引の決めごとが複数あることがデイトレードでは必要です。

そして、その時々の状況に合わせて随時使い分けることがデイトレードで負けないコツであり、

益を積み重ねていく上では必須です。

FXデイトレードとは、為替市場から少しずつお金をかすめ取っているようなもので、

そのちょっとしたお金をかすめ取るタイミングは一瞬であることが多いです。

一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、

デイトレードでは即断が必要です。

できるだけ勝ち逃げをすることがデイトレードのコツです。

深入りしすぎず、欲張りすぎないようにしましょう。


FXデイトレードの特徴

デイトレードは1日で取引を終わらせるFX売買の形式ですが、

中長期の取引はそれ以上の期間で取引をします。

FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレードの売買の留意点が少し異なります。

1日のマーケットの中で瞬発的な売買をするデイトレードは、

区切った時間で行うためどうしても値幅は小さくならざるをえません。

0.3円から0.5円ぶんの差益を狙うことが多く、

時に1円ぶんの差益を狙う程度です。

デイトレードでは、1円2円単位の大きな利益はほとんど狙えませんが、

中長期のFXの場合は数円の幅での差益を取ろうとします。

為替市場は眠らない市場と呼ばれ、平日ならば常に開いています。

その中でも取引量が多く値動きが盛んになるのは、

ロンドン市場オープン時と、ニューヨーク市場オープン時です。

相場の動きが賑やかになるのは、ロンドン市場時間の夕方4時頃と、

ニューヨーク市場時間の夜9時頃以降です。

利益が取りやすいタイミングとは、このように値動きが活発な時です。

為替相場の記録であるチャートは今後を予測する時に重要なものです。

短い期間で区切ったチャート表がデイトレードには欠かせません。

1時間単位、30分単位などのチャート表を使います。

大きな流れを頭に入れておくためには日単位や週単位のチャート表も参考にしますが、

メインで使うものは短い単位のもののようです。


FXデイトレ向きの通貨



相場が大きく動く時、その一部をかすめるように差益を取るのがデイトレードです。

このため、たんさんある取引可能通貨の中から、比較的変動率が高い通貨をトレードします。

為替相場の動きの激しさをボラティリティという言葉で表現します。

デイトレードにお勧めな通貨は、ボラティリティの高い通貨です。

変動性を比較する時は、為替のある時点のレートと

変動後の数字を割合で表すとわかりやすいでしょう。

2007年の米ドル/円を例にあげると、為替市場の値動きは17円。

最も円安が進んだ時は124円、最も円高の時は107円でした。

一方、ポンドの値動きは32円で、1ポンド当たりの最も高い時で251円、

最も低い時で219円でした。ボラティリティを考えた時、

米ドルの方がポンドより値動きが少なく、変動が少ない通貨といえるでしょう。

変動の大きなポンドの方が、デイトレードでの運用に適しているといえるでしょう。

FXデイトレをしている人は値動きの大きい通貨であるポンド/円や、

ポンド/ドルなどを売買している人が多いようです。

スワップポイントはFXの特長的なもので、

二国間の金利差によって決まっているポイントです。

デイトレードで外貨を保有している時間は短いため、

スワップポイントがつくことはほとんどないでしょう。

デイトレードの適した通貨を選ぶ時は、相場の動きが素直で読みやすいこと、

値動きが大きいことです。スワップポイントのことは考えずともいいでしょう。


FXデイトレの適性



デイトレートでは、集中力と判断力を駆使して取引ができる人がうまくいきます。

FXのデイトレードでは、時々刻々と変わる状況に合わせて的確な判断が求められるのです。

デイトレードで利益を上げ続けるには、強い精神力も求められます。

不意の出来事や困難な状況でも諦めずに問題に正面から向き合える人、

自己管理能力がある人はデイトレードをやり遂げることがでかきるでしょう。

FXの取引はネット端末があればパソコンでも携帯電話でも手軽に発注操作ができ、

ゲーム感覚を抱いてしまうほどです。

とはいえ、ギャンブルやゲームのつもりでお気楽にデイトレードを楽しんでいるだけでは、

継続して益を出すことはできません。

FXの取引は当然いい時もあれば悪い時もあります。

思わしくない状況をどうさばくかがデイトレーダーには求められます。

FXデイトレというとギャンブル的なイメージがあり、

ハイリスクハイリターンな状況に自分を置くので、

投機色の強い資産運用方法です。

FXの取引では一瞬一瞬が勝負ですから、

感覚を研ぎ澄ませて判断ができるようになりましょう。

取引のスタイルをブラッシュアップさせ、

損きりの戦略や売買のタイミングなどを作り上げていきましょう。

デイトレードは一歩間違うと大損ですが、

自己管理がしっかりしているうちは安心です。

FXの取引では、危険度が高い時ほど注意深い取引と正確な判断が必要となるでしょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

外国為替を利用した投資 [外国為替相場]

外国為替を利用した投資


投資商品の中には、為替レートが変動することを利用し差益を生み出すことを目指すものがあります。

外国債券や外国株式で運用する外国投信も外為を利用していますし、

外貨債権といって海外の債券を買うもの、外貨MMFという投資信託、

外貨の売買を行う外国為替証拠金取引も外為がなければ成立しません。

このような外国為替を利用して行う投資には、数々の利点があります。

利点の一つに各国の政策金利の違い、

つまり国家間の金利の差をあげることができます。

ゼロ金利という言葉がありますが、それほどまでに日本円の金利は低水準です。

円の金利は低水準なので、国内でお金を預けてもすずめの涙ほどしか利息がつきません。

国によって差はありますが、

高金利通貨のオーストラリアドルやニュージーランドドルで

預金をすることで日本円では考えられないほどの利息を得ることができます。

この他、将来に渡って日本円の価値が大幅に下がる事態になった時に備えて

日本円以外の資産を持っておくという利点があります。

国内のみにいると忘れがちですが、日本円は不変の価値を持ってはいません。

自然災害やテロなどで価値が下がる危険性があります。

テロや災害などの突発的な出来事がなくても、

日本に比べ諸外国の経済が急激に伸びてくれば円安の可能性が出てきます。

このような場合、日本円のみの資産では結果的に目減りしするのです。

資産運用の上で一部を外貨に替えておくことで、

日本の持つカントリーリスクから資産の一部を回避させるリスク回避効果が見込めます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

外国為替相場と外国為替市場について [外国為替相場]

外国為替相場と外国為替市場について


国家間の通貨のやり取りを直接通貨をやり取りせずに行う方法に外国為替があります。

小切手や為替手形といった有価証券を、実際の現金の代わりに決済に使うなどのやり方です。

外国為替は「がいため」という略称で呼ばれますが、

これは「がいこくかわせ」という読みを省略したものです。

互いに取り決めた一定の比率で、ある国ともう一つの国の通貨を交換するルールです。

通貨をどのような交換比率で取引するかについては時の流れによって代わってきています。

現在は変動相場制が採用されていますが、一時期は固定相場制による取引が行われていました。

変動相場制になったことにより、現在のところ、通貨の交換比率は常に動いています。

株の東京証券取引所と違い、外国為替取引が行われているとされる外国為替市場ですが、

物理的には存在していません。

外国為替銀行間で行われるインターバンク取引などは

電話回線やインターネット回線によって売買されています。

つまり、外国為替市場とは概念上の市場です。

東京とニューヨークとロンドンの外国為替市場は

世界三大市場と呼ばれるほど取引量がぬきんでて多く、

世界経済への影響も大きめです。

外国為替市場の一日は、

ニュージーランド市場が日本時間の午前6時半(冬季は7時)に開始した時から始まります。

その後はシドニー、シンガポール、ロンドンなど次々と市場が開き、

終わるのは翌日午前6時(冬季は7時)です。

つまり、外国為替市場は世界中のどこかの国が必ず開いている状態で、

一つが閉まる頃には別な一つの開く時間になります。

市場が眠らないと呼ばれるゆえんです。


外国為替相場の変動理由


国家間の通貨の交換比率である為替レートは、

取引が行われている限り変動を続けています。

市場で通貨の交換レートを決めているのは、

その通貨に対する需要と供給のバランスです。

片方の通貨が多くの人に求められ、もう片方の通貨が必要なくなった時、

人々はいらなくなった通貨を売って欲しい方の通貨を買います。

この時欲しい方の通貨の価値は上がるため、交換比率変動します。

求める人の多い通貨の価値は上がりますし、

逆にいらない通貨は手放されて価値が下がります。

売るものと買うものとの力関係で価値が変動するのは外国為替相場に限らず、

実際に物を売買する場面でもありがちです。

通貨の場合、需要と供給のバランスに大きな影響を与えているものに

ファンダメンダルズ要因があります。

これは国の経済成長率や労働生産性の伸び、

卸売物価などのことで、その国の基本的な経済力を現します。

貨幣の価値が上がる国はこのような数値が高く、よりよい成長性が見込める国です。

これに対して、大きな自動車会社などが行う輸出決済や、

海外企業買収などで一時的に巨額な外貨の移動があった時は一時的に為替は変動します。

これは実需要因と呼ばれるもので、

経済の動きによって発生した外貨の動きに相場が連動する場合です。

経済だけでなく、大きな自然災害や事故、

政変や首脳交代などの政治的な要因も為替レートの変動因子になります。

経済に影響がありそうなものは何でも為替変動の要因になりえます。

戦争はその最たるものです。たとえば市場には『有事のドル買い』という言葉があります。

言葉の通り、世界のどこかで自然災害や国家間の戦争、

紛争が発生するとドルが必要となり価値があがることを示しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ネット証券会社ごとの株取引サービス [ネット株取引]

ネット証券会社ごとの株取引サービス


ネット株を始めるに当たさては、

株取引をする証券会社を決めて口座開設手続きをしましょう。

何はともあれ口座を開設しないと取引は始められません。

使い勝手のよさそうな会社を見つけたなら、色々と口座を開いてみましょう。

維持費や開設費用は無料のところが多いです。

証券会社のサービスは、口座を開設して実際に使ってみないとわからないものもあります。

何も、最初から最後まで一つの口座を使い続けることはありません。

ネット株の取引ではリスク分散のためにも複数の口座を持っていた方がいいので、

積極的に新しい株取引サービスを試してみましょう。

ネット証券会社に証券口座を開くだけで投資情報が手に入るところもあります。

なるべく売買手数料の安い証券会社を選びたいものですが、

その他にチャートの見やすさや取引画面の使い勝手なども重要です。

手数料が安いネット証券会社、投資ツールや情報が充実しているところなど様々です。

ネット株の証券会社の株取引サービスは過熱気味で、情報サービスや手数料だけではありません。

資産運用に役立つ便利なツールや、取引履歴、

注文履歴をわかりやすく管理できる情報ページの提供、

支払った手数料の一部がポイントとなりマイレージに転用できるなどのサービスもあります。

ネット証券会社の中には、プロのアナリストが分析した現在のマーケットの状況についてや、

取引スタイルや株価予想のポイントなどをまとめているところもあります。

様々な取引口座の中から、

使いやすそうな取引スタイルや便利な情報サービスを使いこなしたいものです。


ネット株の取引手数料の仕組み


取引にかかる手数料の存在ば、株取引と切っても切れない存在です。

手数料は一度の取引の度ごとに課金されるため、

デイトレードなどで何度も取引する人には見過ごせません。

手数料の存在をうっかり忘れて取引を繰り返していると、

ネット株で得られるはずの差益がどんどん小さくなります。

取引手数料を正確に把握していなかったために、

取引でプラスが出たつもりだったのに、

実は損になっていたということもありえるのです。

株取引の歳には、証券会社の取引手数料はいくらなのか、

そしてどんな条件で手数料が増減するかということをきちんと知っておく必要があります。

手数料の仕組みは、その取引を扱う証券会社毎に決まっています。

1日の合計約定単位ごとに手数料が決められている一日定額制は、

その日のうちなら、何度取引をしても委託手数料は一定額です。

一日定額制は、細かく利益を確定し何度も売買をしたい人にとってお得なシステムです。

約定単位制は、ネット株の取引をする度に委託手数料がかかるシステムなので、

株取引の頻度が少なく、中長期に渡って株を保有する人や、

あまり頻繁に株取引をしない人に向いています。

一口に約定定額制といっても全て同じではなく、

一律の手数料のところや、

階段制の約定定額料金として取引量によって段階的に手数料が違うところもあります。

手数料はどれがいいというものではありません。

どれがいいかは取引の形によって違います。

このような手数料の仕組みの他にも、

一日の間で決済まで済ませたしまった取引については片道手数料でいいところや、

取引金額が一定に達するまでは手数料無料の場合もあります。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ネット株取引の魅力 [ネット株取引]

ネット株取引の魅力

家にいながら株の売買ができるネット株の取引量が、

最近とても増加しています。

ネット株は、平日の昼間は仕事などで忙しく、

株式市場の開いている時間に証券会社の窓口まで行くなんてとても無理という人でも大丈夫です。

自宅にいながら注文が可能なこの方法がお勧めです。

インターネットによる株取引はオンライントレード、

またはホームトレードと呼ばれています。

きっかけは1999年に売買委託手数料が自由化されたことで、

ネット株の取引で株式を運用する人は年々増加しました。

利用者の増加に伴い、証券会社側も便利なネット株取引を打ち出しています。

ネット株での取引はわざわざ証券会社の窓口まで行かずとも取引ができること、

そして通常より安い取引手数料です。

証券会社の窓口まで行くか、

電話をすることで対面式の株注文しかできなかった頃と比べると雲泥の違いといえます。

窓口の担当者が証券会社のコンピューターに注文操作を出し、

そこで株取引が行われる仕組みでした。

証券会社のコンピューターにインターネットで直接発注することによって、

ネット株では大幅に人件費を削減しています。

窓口を介さないので人件費がかからず、

安い手数料で取引ができるのです。

人間相手に注文を出さなくてもいいので、

人の声に左右されることなく少額からでも迷いながらでも、

自分のペースで納得のいくまで考えながらでも、株売買の注文が出せます。

初めてネット株に挑戦する人でも、

人目を気にせず納得のいく取引を目指すことが可能です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

お金を借りるコツ [お金の借り方]

お金を借りるコツ

近頃は消費者金融のイメージもCMの効果などでずいぶん良くなり、

また無人自動支払機が増加したことにによってずっと気楽に利用できるようになっています。

お金を借りる方法を考える時、

家族や親戚よりもまず先に消費者金融を考えた人も多いのはないでしょうか。

とはいえ、簡単にお金を借りる方法があると考えることは、

とても危険なことなのです。覚えておいたほうがいいこととして、

簡単にお金を貸してもらえる会社は、その分だけ回収(取り立て)が厳しいのだということです。

たとえ楽にお金を借りる方法があるとしても、

利用する場合は守らなければならないことは、しっかり頭に入れておくようにしましょう。

キャッシングで借りたお金は自分のお金ではない、ということをしっかり自覚し、

計画的に支払って返済日を守るようにしましょう。

そのためには、お金を借りる際に返済方法の見通しをきちんと立てておき、ことです。

借り入れの目安は、月の収入の20%が返済額の限度と考えましょう。

仮に支払いができなくなったことを想定して、

それにかわる資産かあるかどうかを確認するとなお安全です。

お金を借りる時には、利息の仕組みや返済方法を事前に知っておくこと、

金利の安いところを探すことも大事です。

いくらお金を借りる方法がるとしても、返す方法がなければ、

それは多重債権者の道をいくことになるのです。本


当にそのお金は必要なのか、借り先はそこで安心か、

借りる前に今一度しっかり考えてからでも遅くはないでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -