So-net無料ブログ作成
検索選択

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

FXデイトレードのリスク管理とコツ と特徴 [FX]

FXデイトレードのリスク管理


その日のうちに何度もFXの売買をするデイトレードという手法があります。

デイトレードは日々計算をすることから、日計ともいいます。

FXデイトレーダーとは、毎日のデイトレードで収益を上げて生業としている人です。

大きな相場の動きに左右されない点がデイトレードの強みです。

短期的な相場の動きだけに注視しての取引が可能です。

ただし、デイトレードの一度の売買は常に少ない額しか抑えられません。

数日かけて大きな変動があってもデイトレードではその流れには乗れません。

FXはうまく運用することでリスクを減らしたり回避することとができますが、

間違うと大きな損が出ます。業者に預けた証拠金により、

預けた額より数倍の規模の取引ができるFXのシステムをレバレッジといいます。

元手に限りがあっても、一時的にレバレッジを上げて大きな差益を狙うことがFXでは可能です。

少ない証拠金で数倍の取引ができるのです。

ただし、一発で元手が吹っ飛ぶリスクとも隣り合わせです。

デイトレードの場合、レバレッジ100倍やそれ以上でのハイリスクな取引が行われますが、

長い間保有するつもりならば5倍程度のレバレッジにしておくべきでしょう。

『相場の動きが読めた』と思う瞬間ならば、

レバレッジを上げることも有効な手段です。

デイトレードにFXが適している点は、

常にリスクを調整しながら様々な取引ができるからといえるでしょう。


FXデイトレードのコツ


FXデイトレードにはコツがあり、レバレッジ次第で大きな儲けを狙えます。

大きな儲けを出した人が出現するなどして話題のデイトレードですが、

実は全体の70%は負け組で、大きな利益を得ている人は10%そこそこです。

一度の大きな失敗によって、

それまでコツコツと積み重ねてきた小さな差益が

一度になくなるような展開がFXのデイトレードではままあります。

相場は円高方向には急激に落ち、円安方向には小刻みに上がっていきます。

大損をしないためには、この急激に変わる時に引きずられないようにすることなのです。

差益を出せる自分なりの一番やりやすい手法を見つけだすことが、

デイトレードでは重要です。

とはいえ、一つの方法だけにこだわっては逆効果です。

取引の決めごとが複数あることがデイトレードでは必要です。

そして、その時々の状況に合わせて随時使い分けることがデイトレードで負けないコツであり、

益を積み重ねていく上では必須です。

FXデイトレードとは、為替市場から少しずつお金をかすめ取っているようなもので、

そのちょっとしたお金をかすめ取るタイミングは一瞬であることが多いです。

一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、

デイトレードでは即断が必要です。

できるだけ勝ち逃げをすることがデイトレードのコツです。

深入りしすぎず、欲張りすぎないようにしましょう。


FXデイトレードの特徴

デイトレードは1日で取引を終わらせるFX売買の形式ですが、

中長期の取引はそれ以上の期間で取引をします。

FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレードの売買の留意点が少し異なります。

1日のマーケットの中で瞬発的な売買をするデイトレードは、

区切った時間で行うためどうしても値幅は小さくならざるをえません。

0.3円から0.5円ぶんの差益を狙うことが多く、

時に1円ぶんの差益を狙う程度です。

デイトレードでは、1円2円単位の大きな利益はほとんど狙えませんが、

中長期のFXの場合は数円の幅での差益を取ろうとします。

為替市場は眠らない市場と呼ばれ、平日ならば常に開いています。

その中でも取引量が多く値動きが盛んになるのは、

ロンドン市場オープン時と、ニューヨーク市場オープン時です。

相場の動きが賑やかになるのは、ロンドン市場時間の夕方4時頃と、

ニューヨーク市場時間の夜9時頃以降です。

利益が取りやすいタイミングとは、このように値動きが活発な時です。

為替相場の記録であるチャートは今後を予測する時に重要なものです。

短い期間で区切ったチャート表がデイトレードには欠かせません。

1時間単位、30分単位などのチャート表を使います。

大きな流れを頭に入れておくためには日単位や週単位のチャート表も参考にしますが、

メインで使うものは短い単位のもののようです。


FXデイトレ向きの通貨



相場が大きく動く時、その一部をかすめるように差益を取るのがデイトレードです。

このため、たんさんある取引可能通貨の中から、比較的変動率が高い通貨をトレードします。

為替相場の動きの激しさをボラティリティという言葉で表現します。

デイトレードにお勧めな通貨は、ボラティリティの高い通貨です。

変動性を比較する時は、為替のある時点のレートと

変動後の数字を割合で表すとわかりやすいでしょう。

2007年の米ドル/円を例にあげると、為替市場の値動きは17円。

最も円安が進んだ時は124円、最も円高の時は107円でした。

一方、ポンドの値動きは32円で、1ポンド当たりの最も高い時で251円、

最も低い時で219円でした。ボラティリティを考えた時、

米ドルの方がポンドより値動きが少なく、変動が少ない通貨といえるでしょう。

変動の大きなポンドの方が、デイトレードでの運用に適しているといえるでしょう。

FXデイトレをしている人は値動きの大きい通貨であるポンド/円や、

ポンド/ドルなどを売買している人が多いようです。

スワップポイントはFXの特長的なもので、

二国間の金利差によって決まっているポイントです。

デイトレードで外貨を保有している時間は短いため、

スワップポイントがつくことはほとんどないでしょう。

デイトレードの適した通貨を選ぶ時は、相場の動きが素直で読みやすいこと、

値動きが大きいことです。スワップポイントのことは考えずともいいでしょう。


FXデイトレの適性



デイトレートでは、集中力と判断力を駆使して取引ができる人がうまくいきます。

FXのデイトレードでは、時々刻々と変わる状況に合わせて的確な判断が求められるのです。

デイトレードで利益を上げ続けるには、強い精神力も求められます。

不意の出来事や困難な状況でも諦めずに問題に正面から向き合える人、

自己管理能力がある人はデイトレードをやり遂げることがでかきるでしょう。

FXの取引はネット端末があればパソコンでも携帯電話でも手軽に発注操作ができ、

ゲーム感覚を抱いてしまうほどです。

とはいえ、ギャンブルやゲームのつもりでお気楽にデイトレードを楽しんでいるだけでは、

継続して益を出すことはできません。

FXの取引は当然いい時もあれば悪い時もあります。

思わしくない状況をどうさばくかがデイトレーダーには求められます。

FXデイトレというとギャンブル的なイメージがあり、

ハイリスクハイリターンな状況に自分を置くので、

投機色の強い資産運用方法です。

FXの取引では一瞬一瞬が勝負ですから、

感覚を研ぎ澄ませて判断ができるようになりましょう。

取引のスタイルブラッシュアップさせ、

損きりの戦略や売買のタイミングなどを作り上げていきましょう。

デイトレードは一歩間違うと大損ですが、

自己管理がしっかりしているうちは安心です。

FXの取引では、危険度が高い時ほど注意深い取引と正確な判断が必要となるでしょう。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。