So-net無料ブログ作成
検索選択

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

日経225ミニの株取引リスク [日経225ミニ]

日経225ミニの株取引リスク

少ない元手で株取引が可能なことが日経225ミニの魅力としてあげられるのではないでしょうか。

日経225ミニによって可能なのが、資金効率のいい投資の運用だといえるでしょう。

株取引をするときに、50万、60万円の資金を元手に200万、

300万のものを扱うことがレバレッジ効果です。

投入した資産の何倍の取引を行うかでおおよそのレバレッジの倍数が決まります。

資金の効率がいいレバレッジによる株取引方法ですが、



ハイリスク・ハイリターンになりがちであるという危険性もあるのです。

日経225ミニはレバレッジ効果を利用している分だけ、

自分の思惑と逆方向に相場が動いた分の含み損のふくらみ方も急激になるというリスクがあります。

日経225ミニでは買ってからも価格が下落を続け、

そこで買い足したところ更に下落という状況に陥るという危険性もあります。

また損が膨らみすぎて決済する勇気が持てなくなることもあるでしょう。

日経225ミニでは、必要証拠金を補うための不足分を

新たに資金投入しなければならないことがあります。

それは損した額が証拠金の額を越えてしまった場合です。

追加証拠金というのがこれにあたります。

きちんと資産管理や損切りができていなかった時にこのようなことは起りますので、

自分の戦略をもう一度見直すべきなのではないでしょうか。

ギリギリの範囲で預けた証拠金によって日経225ミニを続けることはハイリスクが伴います。

追加証拠金を求められることのないよう、余裕のある取引を日経225ミニの取引では行いましょう。

思い切って株取引を休むことも大事なリスク管理です。

危険だと判断した場合は損切りをしてしばらく様子を見るようにしましょう。





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。