So-net無料ブログ作成
検索選択

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

カテゴリー:中国経済

中国経済 ブログトップ

遅い!日本企業が中国から続々撤退し始めた! パナソニック、サントリー、カルビー… [中国経済]

日本企業が中国から続々撤退し始めた! チャイナリスクに嫌気か

もう、遅いぐらいですね。

中国に詳しい宮崎正弘、渡辺哲也氏など、2,3年前から、警告していましたが、

日経新聞など、まだ大丈夫というような報道していましたね。

ガイアの夜明けとかも、

巨大市場を狙え!的な見出しでしょっちゅう煽っていましたからね。
 
「スポンサーリンク」





パナソニック、サントリー、カルビー…


中国リスクに翻弄され、工場撤退や合弁解消などに踏み切る日本企業が相次いでいる。ここにきて中国経済の減速も相まり、
日本から中国への直接投資実行額は1~9月で前年同期比25%減と、数字上でも日本企業の対中進出に衰えが見え始めた。
中国市場の巨大さや、安価な人件費にひかれて中国に進出した企業は多いが、突然の規制変更やコスト増など中国リスクに直面し、拠点を他国に移すなど戦略を見直す動きが広がっている。


中国政府の規制変更によって、上海でのデータセンターの事業計画が頓挫の憂き目にあったのは、

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)

浙江省杭州市にあるスナック菓子の製造・販売合弁会社を設立わずか3年で売却することを決めたのはカルビー。

合弁会社の51%の持ち株全てを、合弁相手の康師傅方便食品投資にたった1元(約19円)で譲渡する。
12年8月の設立からわずか3年での撤退となった。


ネット上には中国から撤退や事業縮小した企業に対し、「英断」といった肯定的な意見も寄せられている。
中国リスクと付き合って、これ以上損失を広げない意味から、撤退を正しい判断と評価しているようだ。

中国にどうコミットしていくか、日本企業の間でも今後判断が分かれていきそうだ。

南シナ海作戦はほんの序章。アメリカは2つの「戦争」を中国にしかける [中国経済]

日本の圧勝に終わった日中韓首脳会談と、茶番に終わる中台首脳会談
http://e.mag2.com/1XSTBna

南シナ海作戦はほんの序章。アメリカは2つの「戦争」を中国にしかける
http://e.mag2.com/20xtEvG

すべては、AIIBより始まったと、筆者は、書いています。

中国が米国を排除して、AIIBを設立したことで、

中国が、米国を無視して、世界の覇権国になろうとしたことに、激怒

し、国際金融を、操ってる米国の金融組織が、中国潰しに、

舵を切りました。

「スポンサーリンク」






情報戦では、中国の悪魔化

経済戦では、中国経済戦の崩壊

この2つを、本気でやる気なんでしょう。

AIIBの問題がなければ、南シナ海の、中国による軍事拠点化は

無視していたでしょう。

米国の国益には、あまり、関係ないからです。

表面的には、軍事基地を、攻めるような姿勢を示していますが、

本気ではないでしょう。

日本は、韓国のような2股外交は絶対とるべきではないですね。


安倍首相は、はっきりと、日米関係が、最重要とし、

米国も、敵は中国であると、鮮明に、態度を決めています

すべては、AIIB事件から始まっています。

米国の射程は、ロシアでもなく、中東でもなく、

中国であることは、間違いないでしょう。



そう遠くはない、日本が南シナ海で中国を挑発する日
http://e.mag2.com/1MlqKnB







10.19中国発のブラックマンデーの懸念!? [中国経済]







「スポンサーリンク」






10月19日に、中国の7~9月期のGDPが発表されます。

至上命令の7%成長はもはやファンタジーといわれています。

金融市場では、中国発のブラックマンデーに、警戒感が強まっています。

予想では、5%を切るにではないかと、懸念されていまう。

10.19という日は、20年前のブラックマンデー(暗黒の月曜日)が起こった日ですね。

あのときは、米株式市場が、約20%の大暴落となり、世界的な暴落の引き金となりました。

7%成長はもはやファンタジーといわれています。金融市場は、

予想では、5%を切るにではないかと懸念されています。

これが、世界の株式市場に影響与えるのは、必至です


日本も影響を受けざるをえません。

日本もあらゆる手段をこうじて、備えなければなりません。

10兆円強の補正予算と、日銀の追加に金融緩和が、必須です。

ロイター通信は、ロンドンの調査会社では、中国の経済成長率は、

実際の半分以下で、2.8%を切るにではないかと、予想しています。

とりあえず、市場関係者は、6.8%と予想していますが、

この数字を下回って来るようでは、ブラックマンデーの再来が、

起こっても不思議ではないと、

市場関係者は、警戒感を持って、

10月19日 を見ているようです。

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000p.png

【上念司】中国経済は、まだまだ悪くなる!まだ地獄の1丁目 [中国経済]

0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000yyy.png

「スポンサーリンク」





上念司氏によると、

中国経済は、まだまだ悪くなるようです。

今はまだ、地獄の1丁目

日本経済にも、大きな影響を与えます。

少しでも、ショックを和らげるために

日本がすべきこと、

「スポンサーリンク」








株価が暴落し、実態経済に、現れるのが、半年後と言われているようです。

だから、余命半年なんですね。

中国へ進出している企業は、どうするんでしょうねあ?

もう、逃げ出すには、手遅れにような気がしますね。

渡邉哲也さんの著書


余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか


中国壊滅


ヤバイ中国 (一般書)


これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)


【中国経済】爆買終了?中国当局が海外キャッシングを規制[桜H27/10/5]


アメリカの利上げに備えてなのか、中国当局は海外でのショッピングに外貨の引き出し制­限をかけることにしたという。これによって「爆買」と言われた現象も徐々に消え去るも­のと考えられる。様々な指標からも減速が明かな中国経済の現状について、渡邉哲也が解­説していきます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp
カテゴリ
ニュースと政治

中国・国防動員法の恐怖…来年1月に有事が?? [中国経済]

出品中の商品はこちら

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000.png


【けいざい独談】戦時日本の徴用どころではない 中国・国防動員法の恐怖…

「有事」認定で進出企業のヒト・モノ・カネを根こそぎ

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150922/frn1509221055002-n1.htm

ZAKZAKより引用


マレーシアを拠点に日系企業向けコンサルティング業務を手がけるエリス・アジア事務所の立花聡は

次のように“警告”をしています。

2010年7月1日に中国が「国家の主権、統一と領土の完全性および安全を守るため」

として施行した「国防動員法」の規定をさしている。

全14章72条からなっている。


第31条。「召集された予備役要員が所属する単位(役所や企業など)は兵役機関の予備役要員の召集業務の遂行に協力しなければならない」。予備役要員は中国国籍の男性18~60歳、女性18~55歳が対象。有事の際、戦地に送られるというよりは、兵站などの後方支援や中国の敵国に関する情報収集任務が与えられる可能性がある。
第54条。「備蓄物資が国防動員の需要を延滞なく満たすことができなくなったときは民生用資源を徴用できる」。民生用資源は、企業など組織や個人が所有、または使用している社会生産、サービス、生活上の物資、施設などを幅広く含むとされる。自動車や電機など、現地工場の生産設備や物流のためのトラックなどのモノが根こそぎ徴用されても“合法”だ

第63条。「金融、交通運輸、郵政、電信、報道出版、ラジオ、映画テレビ、情報ネットワーク、エネルギーや水資源の供給、医薬衛生、食品と食糧の供給、商業貿易などの業種に管制を敷く」とある。最悪の場合は日系企業の中国の銀行口座凍結や金融資産接収のほか、売掛金放棄も考えられる。ビジネスの基本であるカネが危ない。


立花氏は
(1)国際電話やインターネットなど海外との通信手段の全面遮断
(2)国内線や国際線など航空便の運航停止
(3)中国に滞在中の日本人など外国人の預金引き出し禁止-などの措置が法的に可能になるとみて、  

対中進出する日系企業に厳格なリスク管理を訴えている。


安保法案ごとき出、大騒ぎする日本 そろそろ、平和ボケから、目覚めましょう!!!!。

積極的平和主義】南シナ海をめぐる中越関係と日本 [中国経済]

出品中の商品はこちら

【積極的平和主義】南シナ海をめぐる中越関係と日本[桜H27/9/21]



高橋洋一さんコラムより
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150731/dms1507310830004-n1.htm

支持率低下の要因は、安全保障関連法案である。しかし、集団的自衛権の行使は
(1)戦争のリスク減少
(2)安全保障コスト減少
(3)個別的自衛権より抑制的-であり、世界の常識だ。

「スポンサーリンク」





 今国会に出ている安全保障関連法案について、世界中の国で反対しているのは、中国と韓国だけだ。それと、日本の反日日本人と反日マスコミ 反日政党・・・惨敗しました。
ここ1、2年では
米国、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシア、ミャンマー、インドなどの国のほか、欧州連合(EU)、東南アジア諸国連合(ASEAN)も賛同のコメントを出している

国際ルールを無視し、南シナ海の岩礁を埋め立てて軍事拠点を構築する中国。これは、東­シナ海ガス田に、多数のリグを設置されている日本にとっても他人事ではない。南シナ海­では、特にベトナムが強硬に中国と渡り合っているが、その国力差を考えた場合、シーレ­ーン確保で死活的な問題を抱える日本がコミットすることは、もはや当然の成り行きであ­ろう。ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長来日に合わせ、日越の有識者が、都­内で問題意識を共有したシンポジウムの模様を、ダイジェストでお送りします。

「スポンサーリンク」





チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/
中国経済 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。