So-net無料ブログ作成

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

カテゴリー:パナマ文書

パナマ文書 ブログトップ

パナマ文書が暴露! タックスヘイブンで“税金逃れ”していた日本の大企業とは? [パナマ文書]

パナマ文書が暴露! タックスヘイブンで“税金逃れ”していた日本の大企業とは?


075996e9f34d6cb6558dde97a983cd98.png

http://lite-ra.com/2016/04/post-2144.htmlより記事引用


パナマ文書には、日本人、日本企業の名前も多数含まれていた。

いったいどういう企業や企業経営者が税金逃れをしているのか。

すでに、警備大手のセコムの創業者や親族がこのパナマ文書に記載があり、

「700億円」を超す大量の株式をタックスヘイブンに移転していたことが、事実として確認されている。

「複数の法人が1990年代にタックスヘイブンにつくられ、

創業者で取締役最高顧問の飯田亮氏と

元取締役最高顧問の故・戸田壽一氏の保有するセコム株の一部が移転していた

(当時の取引価格で計700億円を超す大量のセコム株)。

さらに、それらのセコム株が二人の相続人が関係する別の法人に移転するスキームが作られていた。

法人の税制が軽減されているタックスヘイブンでの移転で

日本の相続税や贈与税を免れようという意図があったのでしょうね。


他にも、ネットでは、

この膨大なデータベースからつきとめたとする複数の企業名が上がっている。

三菱商事、丸紅、ファーストリテイリング、オリックス、バンダイ

商船三井、大日本印刷、大和証券、ドワンゴ、ドリームインキュベータ、JAL、日本郵船……。さらには、大手広告代理店の電通も上がっている。


タックスヘイブンに子会社を設立している大企業のリストを掲載したことがある。

1位:三井住友フィナンシャルグループ タックスヘイブン子会社の資本金総額 2兆9788億円 

2位:NTT 同7957億円 

3位:三菱UFJフィナンシャルグループ 同7554億円 

4位:JT 同4877億円 

5位:三井住友トラストホールディングス 同7554億円 

6位:トヨタ自動車 同3287億円……。

有価証券報告書を調べた結果、

東証に上場している時価総額の上位50社のうち45社が子会社をタックスヘイブンに設立しており、

その子会社の数は354、その資本金の総額は8.7兆円にもなるという。

日本の大企業のかなりの部分は、タックスヘイブンに巧妙に利用し、

「租税回避行為」を行っている現実がある。

こうした抜け穴がある限り、 富裕層や大企業がますます富み、手数料ビジネスの会計事務所は大儲け。 一方で、租税回避された税の穴埋めは中所得層以下の税負担によって補われる。 税の不平等が加速するのだ。


先ごろの国際金融経済分析会合では、 ノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授が
「投資を促さない」と法人税減税に否定的な指摘をしたが、 それでも安倍政権は「世界で一番企業が活躍しやすい国」を目指し法人税減税に躍起となる。  現実には「世界で一番企業が活躍しやすい国」日本で稼いだカネは、 国内を還流せず、タックスヘイブンで運用され、世界に投資される、 これでは日本の景気が良くなるはずはないだろう。



「スポンサーリンク」








パナマ文書とは?

 ロシアのプーチン大統領の「金庫番」側近は総額20億ドル(約2200億円)。

他にも、中国の習近平国家主席の親戚や英国のキャメロン首相、

シリアのアサド大統領、

ウクライナのポロシェンコ大統領、

サウジアラビアのサルマン国王の関係者が

タックスヘイブン(租税回避地)を利用した租税回避行為を繰り返していた──。


 この事実を明らかにしたのはパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」。

「モサック・フォンセカ」はタックスヘイブン(英領バージン諸島、

ガーンジーなど)での会社設立を代行するビジネスを展開しており、

その顧客情報が内部リークもしくは外部ハッキングで流出し

南ドイツ新聞を通じて「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)に渡ったのだ。

「パナマ文書」は「モサック・フォンセカ」の40年に渡って記録した1100万件以上の文書で、

データ量は、2.6テラバイト(2600ギガバイト)にのぼり、現在確認されただけでも、

各国の首脳や首脳経験者12人を含む政治家など

140人がタックスヘイブンを利用して金融取引などを行っていたという。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

【パナマ文書の衝撃】渡邊哲也が教えてくれる!パナマ文書問題とは?、租税回避と脱税の違いとは? [パナマ文書]

渡邊哲也が教えてくれる!パナマ文書問題とは?、租税回避と脱税の違いとは?




世界中に波紋を呼んでいる「パナマ文書」に関連し、

合法的な租税回避と、違法な脱税の­違いについて御説明申しあげます。

渡邊哲也が教えてくれる!パナマ文書問題とは?、租税回避と脱税の違いとは?


税金を徴収する立場の政治家がタックス・ヘイブンを利用していた場合、

どのような道義­的・社会的責任が問われるのだろうか?

香港を通じて繋がる英中特権階級への批判と、

そ­の抑止力として期待される、

日本でのマイナンバー制度の活用についてお話しさせて頂き­ます。


「スポンサーリンク」






パナマ文書とは?

 ロシアのプーチン大統領の「金庫番」側近は総額20億ドル(約2200億円)。

他にも、中国の習近平国家主席の親戚や英国のキャメロン首相、

シリアのアサド大統領、

ウクライナのポロシェンコ大統領、

サウジアラビアのサルマン国王の関係者が

タックスヘイブン(租税回避地)を利用した租税回避行為を繰り返していた──。


 この事実を明らかにしたのはパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」。

「モサック・フォンセカ」はタックスヘイブン(英領バージン諸島、

ガーンジーなど)での会社設立を代行するビジネスを展開しており、

その顧客情報が内部リークもしくは外部ハッキングで流出し

南ドイツ新聞を通じて「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)に渡ったのだ。

「パナマ文書」は「モサック・フォンセカ」の40年に渡って記録した1100万件以上の文書で、

データ量は、2.6テラバイト(2600ギガバイト)にのぼり、現在確認されただけでも、

各国の首脳や首脳経験者12人を含む政治家など

140人がタックスヘイブンを利用して金融取引などを行っていたという。


※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

06c6c2c1e90ca768c6da74254978f9e5.png01c2dc4e0540a8486f4171bd46cfa335.png


関連記事


【パナマ文書の衝撃】新たに母親から20万ポンド贈与判明 キャメロン英首相、納税状況を初公開 「不手際」認める写真あり

【パナマ文書の衝撃】「税金払え」「恥を知れ」 ロンドンでキャメロン英首相の辞任求め大規模デモ写真あり

【パナマ文書の衝撃】OECD、13日に緊急会合…不参加のパナマに「秘密主義」批判

【パナマ文書の衝撃】エルサルバドル検察が指南役の法律事務所を捜索 書類やパソコンを押収

【パナマ文書の衝撃】設立企業「99%は適正」とパナマ事務所の創業者が主張 「不法行為があってもわれわれの責任ではない」

【パナマ文書の衝撃】新たな難題でキャメロン英政権窮地か 野党攻勢写真あり

【パナマ文書の衝撃】キャメロン英首相、父の金融商品保有 就任前に売却
【パナマ文書の衝撃】中国外相、コメント避ける

【パナマ文書の衝撃】中国の新旧指導者の親族らの名が 故毛沢東主席の孫の夫も 権威利用のビジネス風土写真あり
11fb6baf44368920fa7977915fb9948c.png

【パナマ文書の衝撃】アイスランド首相が正式に辞任 巨額投資疑惑写真あり

d79f5c07bde4d001f58e2afb0e97d48e.png

【パナマ文書の衝撃】「敵、ロシアの不和狙う」 プーチン氏が反論

【パナマ文書の衝撃】オーストリアの地銀CEOが辞意 銀行とペーパー会社取引判明 プーチン氏友人の富豪も関与写真あり
8469dbdc8d1205dd943b1b5e47dce0ff.png

【パナマ文書の衝撃】 大物スパイの名もぞろぞろ サウジ、スペイン…活動は不明
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画
パナマ文書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。