So-net無料ブログ作成
検索選択

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

カテゴリー:スワップ

スワップ ブログトップ

スワップ金利向きの取引業者 [スワップ]

スワップ金利向きの取引業者


FXの取引業者を選定するに当たっては、

スワップ狙いならばスワップ狙いに適した業者を捜しましょう。

何よりもまず、FXでは信用できる業者を選ぶことが肝心です。

長いスパンで運用を考えるなら、業者も長く続くところでなければ話になりません。

そのため運用成績のいい、将来にわたって潰れなさそうな取引業者を選びます。

自己資産を守るためにも、信託保全のあるところにしましょう。

銀行に信託保全として預託金が預けられていれば、最低限の保証は信用できます。

FX業者にトラブルが生じても、預託金は銀行にあるため自己資産の引き出しができるわけです。

スワップポイントがメインなのですから、スワップポイントの高いFX業者を選びます。

スワップの値はそれぞれ違うので、要注意です。1円2円の差でも、

長期運用で毎日積み重ねることを前提に考えるならば見逃せません。

スワップを積み重ねる長期運用向きの運用をしたい人に向くところは、

外為どっとこむやセントラル短資オンライントレード、くりっく365等々になります。

税制優遇のあるくりっく365は、

他のFXにない強みがあり後々差益が大きくなった時に影響が大きいでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スワップ金利の高い国の問題点 [スワップ]

スワップ金利の高い国の問題点

低金利通貨を売って高金利通貨を買うことが、スワップ金利を手に入れる基本です。

国の金利が変わらない限り、スワップポイントに大きな変化ありません。

金利差によって発生するのがスワップポイントだからです。

私たちはほとんど日本円を売って外貨を買いますから、

日本円の金利が上がればどの通貨のスワップ金利も減ることになります。

スワップポイントを利用して一定の年利を計算していても、

突然の金利の引き上げなどで日本と他国間の金利差が変われば、

そこで先々の計画が変わってしまいます。

また、高金利通貨でさえあればそれでいいのかというと、そううまくはいきません。

金利の高い国には金利の高いなりの理由があります。

成長性の高さの他にも金利の高くなる理由があるのです。

投機対象国の危険度を表すカントリーリスクの高い国、

インフレ率が高く実際の貨幣価値は下がり気味の通貨の場合も考えられます。

インフレの激しい国は貨幣価値自体が下がりやすいので、

必然的に円高になって差損がふくらむ危険が出てきます。

加えて、いくら高金利通貨でもマーケットに流通する貨幣の総量が少ないと、

ちょっとしたことで為替が変動します。

つまり、為替レートの変動はむしろ少なく、安定している通貨を探さなくてはなりません。

FXにおいて、確かに外貨を保有してさえいれば何もしなくても

毎日スワップポイントは入りますが、やはり最低限のリスク管理はしておきましょう。

そして、このスワップポイントを何のために増やすのか、

最終的にどのくらいにしたいのか、

運用のコンセプトをしっかりかんがえておきましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スワップに向く外貨 [スワップ]

スワップに向く外貨


初めてのFX、コツコツとスワップで利益を得たい時に適した通貨は何種類かあります。

FXで取り扱っている通貨は会社によって違いますがかなり種類が豊富です。


一般的です。

他にもトルコリラ、南アフリカランドなど多岐に渡ります。

まず選ぶべきは、高金利通貨です。

金利が高い通貨ほどスワップ金利が高くなるからです。

豪ドル、NZドルは高金利通貨なのでこの条件に合致します。

ただ、変動幅の大きい通貨を買い込むと

為替の差損が無視できないものになりかねないという危険が発生します。

また、市場の情報が入りにくい国の通貨を買うと、

予想もしなかった国内情勢などで為替が大変動を起こす危険性が見逃せず、

上級者向けの通貨といえます。

FX初心者にお勧めの通貨は米ドルです。

米ドルは世界の基軸通貨で世界の通貨に与える影響も大きく、

政治や経済の情報も入手しやすいです。

スワップポイントはといえば、

高金利というほどではありませんがある程度は入ります。

米ドル、豪ドル、NZドルはある程度金利が高く、

ある程度は情報量があるのでスワップ派の初心者に向いています。

実際には、FXではスワップ金利を狙う時も複数の外貨を組み合わせて持っているべきです。

急な変動が起きても耐えられるよう、

一国だけの外貨を持たずに複数の種類の外貨を保有しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スワップ金利とは [スワップ]

スワップ金利とは

最近話題のFXとは外国為替証拠金取引の略称で、

株の信用取引と同じように、

一定額を業者に預けて外貨の取引をする投資です。

2国間の通貨を売買し、

その時々の為替レートの変化やスワップ金利という金利差に基づいて益を得ます。

取引の手数料が非常に安いこと、どの時間帯でも取引可能なことが特長です。

また、金利の低い国の通貨を払って金利の高い国の通貨を買うと、

わずかですが金利差が生じます。

これがスワップポイントとして利益になります。

日本円を売って外国通貨を買う時、

日本の金利が低いので今はプラスのスワップポイントになり、

少しずつの利益になります。

とはいえ、逆の売り取引を行うとスワップはマイナスされます。

米ドルは日本円より金利の高い通貨なので、

日本円で米ドルを買う時はプラスのスワップポイントが発生します。

スワップポイントは1日ごとに計算されるので、

毎日少しずつの利益となります。

米ドルのスワップポイントは、現時点で約153円。

一万米ドルを1日持った時の価格です。

スワップポイントは、買った外貨をただ持っているだけで毎日加算され、お金が増えていきます。

スワップポイント自体は為替変動リスクとは無縁なので、

金利が大きく変わらない限りはコツコツと着実な利益が見込めます。

相場の動きが読めない人でも、

スワップ金利を上手に利用することで年利20%程度の資金運用ができるようになります。

ローリスク・ハイリターンな運用方法なのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
スワップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。