So-net無料ブログ作成

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

カテゴリー:キャッシング

キャッシング ブログトップ

銀行系キャッシングの返済 [キャッシング]

銀行系キャッシングの返済


銀行系キャッシングを利用した際の返済方式はキャッシング会社によって異なります。

少しわかりにくい言葉や計算方法もあるかもしれません。

ですが、返せないお金ならば最初から借りるべきではありません。

借りたはいいけれど返せなくなった、

ということのないよう返済手順は把握しておくべきです。

最低でも、銀行系のキャッシングを利用する際は

幾らの金額を何回払うのかはしっかり確認しておきましょう。

現在では、リボ払いと呼ばれるリボルビング返済方式が

銀行系キャッシングの主流な返済方法です。

一定率あるいは一定額を支払うタイプで、

くり返し借り入れても返済額が増えないために気楽に利用できますが

、返済回数のチェックをお忘れなく。

銀行系キャッシングの返済では、

リボルビング返済の方式のひとつに残高スライド方式と呼ばれるものもあります。

リボルビング払いにスライド性を組み合わせ、

残高に応じて段階的に返済額が決まるものですち。

返済日は最初に決まりますが、35日ごとのタイプや、

30日ごとに返済しなければならないものもあります。

これは最低でもこのくらいは返して欲しいという条件なので、

返済日以外の日にも返すことができます。

ローンの金利はたいてい日割り計算です。

銀行系キャッシングも例外ではありません。

返済総額を少なく抑えたいならば、

手早く返してしまうのも方法の一つです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

カードキャッシング返済時の注意点 [キャッシング]

カードキャッシング返済時の注意点


突発的なアクシデントや急なものいりなどで、

月々の返済が思うようにいかなくなることもあります。

これは期間が長いほど起こりやすいトラブルといえます。

長期に渡って返済をつづけていればなおのこと、

急な冠婚葬祭などでお金がなくなり、その月だけは返済ができないという事態もありえます。

こんな時にまっさきに思いつく返済手段は、

他のキャッシング会社からお金を借りてカードキャッシング返済をすることかもしれません。

けれど別々のキャッシング会社を利用すると個別の元本毎に利息がつきますので、

毎月の返済額が苦しくなります。一度カードを作ると以後の借り入れがしやすくなるので、

ローン利用が膨らむばかりかもしれません。

うまくいくとは限りませんが、

キャッシング会社に事情を話すことでその月の返済額を調整してもらえる場合もあります。

根本的な返済にはなっていませんが、

急をしのぐためにその月の返済日は利息だけを支払うという方法もあります。

借りたお金の返済にはなっていませんが、

これで次の返済日まで待ってもらうという方法は正当な手法です。

カードキャッシングの返済が間に合わずに放っておくと、

催促の電話がかかってきます。

担当者の名前でかかってくるので家や会社に即座にバレることはないはずです。

払えない時ほど事前の連絡はとても重要で、き

ちんと連絡を入れなければなりません。

カードキャッシングには情報を共有し返済記録を残すための信用情報機関があります。

ここに「事故情報」として「延滞」と登録されると5年間も保有されるのです。

登録条件は、61日以上か3ヶ月以上返済を滞らせている人です。

「延滞」記録がついた人は、ローンやクレジットカード、

消費者金融の審査がうまくいかなくなるケースがあります。

借りる時も返す時も、手順そのものは簡単なはずですが、

なぜか借りる時より返す時の方が足が重くなりがちなようです。

無事に返済を済ませるためにも、

早く返済をしてしまいたいという気持ちを持つくらいがちょうどいいかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

カードキャッシングの返済 [キャッシング]

カードキャッシングの返済


近年では簡単にキャッシングができるようになり、

カードキャッシング返済が困難になる傾向があるようです。

借りたお金という事実をしっかり認識しましょう。

簡単に入手できたとしても、それは自分のお金ではありません。

収入より多くなるような出費を控え、

お金の出入りを楽観視せずにキャッシング利用をすることです。

カードキャッシング返済は、借り入れた時に返済日を決めることができます。

決め方は各社によって異なり、決まった日付の中から自由に選択できるところと、

指定してくるところがあります。

基本的にはカードキャッシング返済は毎月1回になります。

けれど、絶対に月に1回きりと決まっているわけではなく、

2度3度と返済しても構いません。

支払日以外の日にもカードキャッシング返済は可能です。

返済額を少なく済ませたいならば、

できるだけ早く返してしまうことで利息を減らすのも方法の一つです。

ただし、カードキャッシング返済日から2週間以上前に返済した場合、

その月の返済日にも返済しなければなりません。

月に定めた返済日が30日だったならば、

1日~15日に返済をしたら30日にも返済しなければなりません。

16~29日に返済を済ませた場合は30日の返済は生じません。

急ぎすぎて返すあまり、

逆に返済できなくなってしまうということがないよう気をつけましょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

銀行系キャッシングの審査 [キャッシング]

銀行系キャッシングの審査


キャッシング会社から融資を受けるためには、会社が求める一定の審査をパスする必要があります。

審査によって、その人の融資希望額が返済可能額かを計ります。

少し前まで、審査に時間がかかりすぎるのが銀行系キャッシングのウィークポイントでした。

しかし現在では短時間の審査を売りにした商品も出回るようになり

アットローンやモビットは秒単位で結果が出ます。

スピーディな審査結果を出すなど、銀行系キャッシングも努力をしています。

審査のチェックポイントは年齢や生別、どんな会社に何年勤めているかなどです。

持ち家の有無や、配偶者や子どもがいるかなども重要でする目安としては、

銀行系キャッシングの融資を受けるには勤続年数2年以上くらいが必要です。

キャッシング会社が調べるものは安定収入があるかどうかで、

雇用形態や勤続年数を調べるのは安定性のチェックです。

つまり年収が単純に多いかどうかより、

月収が安定しているかどうかが審査対象になっているのです。

その他に、今まで消費者金融を使っていたことがあるか、

返済は滞っていないかも審査項目となります。

返済が滞った前歴があったり、

複数のキャッシング会社から融資を受けている人は

銀行系キャッシングの審査が非常に通りにくくなります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

銀行系キャッシングの特徴 [キャッシング]

銀行系キャッシングの特徴

キャッシング会社には色々ありますが、

銀行が母体となって運営されているものを一般に銀行系キャッシングと呼びます。

そのため信用力が高く、

キャッシングが初めてで警戒心がある人でも銀行系キャッシングなら安心して受けることができます。

少し前まで、銀行は個人向けのキャッシングサービスは行っていませんでした。

しかし、銀行は収益性の改善を図る為にキャッシングサービス市場へ参入しました。

そして銀行系という信用力で消費者を取り込みたいと考えています。

しかし、個人向けキャッシングのノウハウを持たない銀行は、

単独で会社を作りはしませんでした。

そのため、銀行はキャッシングの会社を新しく作るために

消費者金融の専業会社と提携をしてノウハウを取り入れました。

銀行系キャッシングから融資を受けた場合、年間20%弱の年利がつきます。

これは、消費者金融の中では低金利の部類に入ります。

たいていは申し込みから実際の貸し出しまで時間がかかることです。

銀行系キャッシングの利用はお手軽にはいきませんが、

多くの融資を長期に受けたい時に向いています。

返済は口座からの引き落としで、

金利は月割りで定められた額をその都度引く形です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
キャッシング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。