So-net無料ブログ作成
検索選択

FX,株式投資による上手なお金の増やし方と金の借り方

FX,株、クレジット、キャッシング、アフィリエイト、副業、メルマガ

 

カテゴリー:日経225ミニ

日経225ミニ ブログトップ

日経225ミニの株取引リスク [日経225ミニ]

日経225ミニの株取引リスク

少ない元手で株取引が可能なことが日経225ミニの魅力としてあげられるのではないでしょうか。

日経225ミニによって可能なのが、資金効率のいい投資の運用だといえるでしょう。

株取引をするときに、50万、60万円の資金を元手に200万、

300万のものを扱うことがレバレッジ効果です。

投入した資産の何倍の取引を行うかでおおよそのレバレッジの倍数が決まります。

資金の効率がいいレバレッジによる株取引方法ですが、



ハイリスク・ハイリターンになりがちであるという危険性もあるのです。

日経225ミニはレバレッジ効果を利用している分だけ、

自分の思惑と逆方向に相場が動いた分の含み損のふくらみ方も急激になるというリスクがあります。

日経225ミニでは買ってからも価格が下落を続け、

そこで買い足したところ更に下落という状況に陥るという危険性もあります。

また損が膨らみすぎて決済する勇気が持てなくなることもあるでしょう。

日経225ミニでは、必要証拠金を補うための不足分を

新たに資金投入しなければならないことがあります。

それは損した額が証拠金の額を越えてしまった場合です。

追加証拠金というのがこれにあたります。

きちんと資産管理や損切りができていなかった時にこのようなことは起りますので、

自分の戦略をもう一度見直すべきなのではないでしょうか。

ギリギリの範囲で預けた証拠金によって日経225ミニを続けることはハイリスクが伴います。

追加証拠金を求められることのないよう、余裕のある取引を日経225ミニの取引では行いましょう。

思い切って株取引を休むことも大事なリスク管理です。

危険だと判断した場合は損切りをしてしばらく様子を見るようにしましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経225ミニでの株取引と先物取引の魅力と方法? [日経225ミニ]

日経225ミニで株取引をする

日経平均株価の先物取引(日経225)を、1/10のミニサイズで行う商品を日経225ミニといいます。

2006年7月から始まった取引で、個別の銘柄を選ぶ必要がないというシンプルな商品になっており、

少ない資金で取引をすることができる特徴があります。

ミニという言葉からもわかるように、

先行して取り引きされていた日経225のミニ版として登場した先物取引です。

日経225ミニは、日経平均株価指数を取引対象にした商品で、

株価指数先物取引というカテゴリーに入ります。

毎日のニュースや新聞で目にする日経平均株価という指数を取引対象にしていて、

これは特定の企業の株価ではなく日本の株式市場全体の流れや動きを表す指標となっています。

東京証券取引所が日本の主要225銘柄を平均して出す日経平均株価と、

東証が出している東証株価指数が有名な平均株価です。

日経平均株価の100倍を1枚とし、

それを最小単位として取引を行うのが日経225ミニ取引です。

日経225ミニの取引では、例えば日経平均株価が14,000円であったなら、

最小取引単位の価格は140万円になるのです。

日経平均が10円上がるように相場が動いた場合、

千円の利益がでます。安値で買って高値で売るか、

高値で売ったものを安値で買うかすることで利益を得る仕組みになっています。

日経225ミニを購入する時の購入資金ですが、

実際に額面通りの金額が必要かというとそうではありません。

レバレッジを用いた証拠金取引となるので、5

0万円程度の購入資金があれば日経225取引を始めることができます。


日経225ミニの魅力


日経225ミニは魅力的な金融商品です。

証拠金取引を行うことから、日経225ミニは少ない資金で始めることができ、

個別に株の銘柄を選ぶ必要がありません。

日経平均が上がるか下がるかだけを考えて株取引ができます。

このため、日経225ミニを取引するに当たっては、個別の株を研究する必要はなく、

日経平均株価のチャートだけを見ていればよいことになります。

通常、株取引においては売りから取引を始めることはできないため、

株価が下落に向かっている時には、株を買わないという防御的な行動しか取れません。

売りから入ることができる信用取引も銘柄が限られていて、

売買手数料がかかるだけでなく貸株料が必要になります。

日経225ミニは売り買い自在ですから、大幅な値下げの時でも差益が狙えるのが魅力です。

日経225ミニで取引を行う場合、元手資金は少額から始めることもできますが、

資金を多めに入れればリスクを少なくして取引を行うこともできます。

日経平均の動きが予想と逆に動いたとしても、資金を多めに準備しておくことで、

手持ちの資金を失うようなことなく余裕を持った取引をすることができます。

各人の取れるリスクをコントロールできることが日経225ミニの魅力でもあります。

現物株は会社毎の売買の量はそう多くないので、

自分が求める値段でなかなか売買ができないことがあります。

一方で、取引されている量が多く、売り買いが常に行われている日経225ミニは、

希望通りの値段で取引を成立させることが比較的容易であるという魅力もあります。


日経225ミニで先物取引をする


日経225ミニは、先物取引という取引方法を用いた取引になります。

将来のあらかじめ決められた日に現時点で事前に決めた価格で、

現物(例えば商品や株式、通貨など)を売買するという約束事に基づいて行われるのが、

先物取引になります。

現在を3月とすると、2ヶ月後の5月に日経平均株価14,000円で買う約束を取り決め、

それに基づいた売買取引を現在時点で行うわけです。

日経225ミニで扱うのは、株式や通貨といったものではなく、

日経平均株価指数です。

日経225ミニで先物取引をする際は、日経平均株価という株としては実在しない数字を用います。

見方によっては、仮想の株取引とも言えます。

売買に使われる単位は、日経225では平均株価指数の1,000倍、

日経225ミニでは100倍となっています。

日経225ミニでの将来のあらかじめ決められている日は、

3月、6月、9月、12月の第2金曜日で、

この4つの月を限月と呼びます。

限月になってもポジションを持ちっぱなしにしておいた場合、

第2日曜日の前日にSQ(特別清算指数)という値で清算されることになります。

その時点で、損が出ていようが益が出ていようが強制的に決済されてしまうのです。

もちろん最終日までポジションを保有し続けている必要はなく、

その前に好きな時に決済取引をすることができます。

日経225ミニの先物取引は、このような約束事の中で行われています。


日経225ミニの株取引の方法

通常株の取引口座から日経225ミニの先物取引を行うことはできません。

証券会社を選択して、日経225ミニの取引のために専用の口座を開設することで、

先物取引を始めることができます。

口座維持手数料については、ほとんどの証券会社が無料にしています。

取引を検討している方でも、操作画面の確認をしたり、

口座を持っている人にどのようなサービスが提供されるのかを見るために、

とりあえず口座を開設してみるのもいいかもしれません。

口座の開設を行うには、まず日経225ミニ先物の取引を扱っている証券会社を選び、

資料請求を行って申込用紙などを送付してもらいます。

資料請求は、インターネットから簡単に申し込むことができます。

日経225ミニの申込用紙が証券会社から送られてきたなら、

まず総合取引口座を開設します。証券会社によって、

本人確認につかえる書類はそれぞれ異なっています。

郵送による受付の他、FAXでの提出を認めている会社もあります。

総合口座を開設したら、次に先物取引口座を開設します。

総合口座の開設と同じように申し込みをし、

一定の審査を通じて問題がなければ先物取引口座が開設される、

というのが、取引開始までの一般的な流れとなります。

先物取引口座の開設手続きには若干の手間や時間がかかりますが、

大事な資金を預ける拠点というべき口座になるわけなので、

慎重に手続きを進めましょう。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
日経225ミニ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。